医師の訪問診療とは

医師の様々な働く場所

医師には働き方がたくさんある

病院で外来診察を行なうのが医師の働く場所と思われがちですが、現在は様々場所で医療を行なうことが出来ます。その1つが「訪問診療」専門会社。病院ではなく、オフィスとして場を構えて会社と医療契約を行なっている在宅療養中の患者の自宅に訪問を週1回診察をして、本来のかかりつけ医に報告をします。このスタイルは、ここ5年の間に需要が伸び、高齢化社会に伴った新しい事業形態といえます。所属する医師は一見するとサラリーマンのようなスタイルで白衣も着ていません。毎日定時に出勤、そして契約者の自宅巡回を行なって定時に終業するのでハードな医療現場とはかけ離れた就業スタイルです。

役割について知っておこう

医師が働く場所ですが、総合病院をはじめとした医療機関などだけでなく福祉施設などもあります。医療機関では患者の診察を行うのはもちろん、看護師や薬剤師に対して指示を行います。このように病院においては中心的な役割をします。緊急時には夜間でも関係なく仕事をしなければいけない場合もよくあります。呼び出されてそのまま日勤に入る場合もあります。福祉施設での医師の役割はスタッフの指導の役割があります。福祉施設ではスタッフが医療や看護に慣れていない場合があります。そのようなスタッフに対して適切に指導していく事が大切な役割になります。

↑PAGE TOP