官公庁での医師の仕事

医師が官公庁で働く場合

診療以外の仕事も医師として重要

医師が働く場所というと医療機関のイメージが強いですが、官公庁でもさまざまな仕事があります。例えば、公費負担医療、介護保険、障害者認定などの申請書類の審査があります。これらは専門的見地からの判断が必要であり、一般の事務職員で処理できる書類ではありません。これらの申請書類は市区町村で提出されるものもあれば、都道府県単位でとりまとめの必要なものもあります。市役所や県庁、あるいは保健所といったところで活躍の場があります。また、厚生労働省では、診療報酬改定などを取りまとめていく際、医師として医療行為の難易度を視野に入れ考えていく場面もあります。このように官公庁での仕事もあるのです。

医者を必要としている場所

医師というと病院で働くというイメージが強いと思います。医療機関の大小はありますが、病院で働く医師が多いのは事実です。ですが実は医者を必要としている場所は他にもたくさんあるのです。往診をメインに行ったり、高齢者の入所施設での入所者を診る仕事、産業医と呼ばれる企業の社員を対象にして働く事も可能です。若いうちは総合病院等で様々な経験を積み、ある程度の年齢になってから介護施設等で短時間で働くという選択肢もあります。簡単に取得できるものではなく一度取得した免許はなくならないので、働きたいと思う限り働ける場所はある資格とも言えます。

↑PAGE TOP