民間企業で働く医師

医師として民間企業で働く

民間企業で働く医師には2通り

医師として民間企業で働くというケースには、大きく分けて2通りあります。一つは、産業医として働く場合です。企業専属の医師として、社員の健康診断にあたったり、相談を受けたりというのが主な仕事になります。二つめは製薬会社などに見られるケースでメディカルドクターとして、創薬、治験に関わっていくという仕事です。情報収集や適正使用に向けての治験を臨床で実施する側のドクターと連絡をとり、それを薬の開発に活かしていくという仕事です。このように働く場所は医療機関以外にもあるのです。ドクターは誰もがなれるわけではありません。臨床に向かなかったからといって、資格を無駄にすることなく、活かしてもらいたいものです。

キャリアを左右する事柄

医師として長く働きたいのであれば働く場所というものが、極めて大切になります。いくら優れた技能を有していようと、コンプライアンスも守れないような職場では、使い潰されるだけです。キャリアを積みたいのであれば、不適当な現場で、我慢を続けるべきではありません。インターネットでは、医療関係者を専門とした求人サイトが多数展開されています。条件に応じて細かく検索できますので、理想の職場探しを大いに助けてくれます。待遇面だけでなく、地域なども優先すべきポイントといえます。こうしたサイトも利用しながら、よりよい医師としての経験を積んでいきましょう。

↑PAGE TOP