重要な麻酔科の医師

医師の働く場所はどこか

  • トップ /
  • 重要で専門的な麻酔科医師

麻酔科の医師について

麻酔科は、医師免許を取得するだけではなく、厚生労働省による認定を得なければならないため、他の分野よりも、専門的な勉強をしなければなりません。他の科の人よりも、特殊性が高く、厚生労働省の認定を受けるためのハードルが高くなっているため、この分野の医師が不足している状態になっています。いろいろな診療科目の手術のサポートをする役割などを担っていて、全身の幅広い知識が必要になっていて、非常に重要な職業になっています。

麻酔科の医師に関する情報

麻酔科の医師は、あらゆる診療科目の病気の人に対する麻酔を実施するため、幅広い医療知識が必要になっています。日本では、全国的に不足している診療科目であるため、フリーランスの医師として活躍している人が多くいて、全国のさまざまな病院に移動しながら、手術を行っています。報酬は1手術あたり10〜20万程度であるといわれていて、比較的報酬が高めになっていますが、全国で活躍できる現場が多く、フリーランスになっている人が多くなっています。

↑PAGE TOP