病理診断科の医師

医師の働く場所はどこか

  • トップ /
  • 細胞診る病理診断科の医師

病理診断を行う医師とは

病院では医師が患者に対して視診や触診などの診察やレントゲン検査を行い、主治医が病名を判断しています。これは「臨床診断」というもので、病院の診察としてイメージしやすいものと思われます。対して「病理診断」とは、患者の体や病変から組織や細胞を取り出して顕微鏡で観察し、細胞レベルで診断を行うことをいいます。病理診断科の医師は病理医と呼ばれ、がんなどの病気を細胞の観察を通して診断することで最終的な診断名を確定する仕事を担っています。

病理診断科の医師の役割

病理診断科では、病理医と呼ばれる医師が患者の体から採取された組織や病変を顕微鏡で観察し、病気の原因や進行程度を細胞の状態から判断しています。これを病理診断と言い、病気を正確に診断したり、治療方針を決めるための重要な役割を担っています。病理医には医師免許が必要であり、他の診療科目のように直接患者と会って診察を行うことはありませんが、主治医に正確な情報を伝えて協力することでより質の高い治療を提供することができます。

↑PAGE TOP