泌尿器科の診察は

医師の働く場所はどこか

  • トップ /
  • 泌尿器科医師の仕事内容

泌尿器科の医師が行う治療とは

泌尿器科の医師は、腎臓、膀胱、尿管、男性の生殖器などに関する疾患の治療を行います。具体的には尿検査異常、尿路の感染症、性行為感染症、尿路結石症、前立腺の病気、尿失禁、腎盂、尿管、膀胱の腫瘍などが当てはまります。異常を感じた際には診療をうけることをおすすめします。また、女性の頻尿や尿漏れなどのお悩みにも対応しています。病院を選ぶ際には、経験が豊富で技術を持った医師がいるところを選ぶことをおすすめします。

泌尿器科の医師について

泌尿器科の医師は、尿路に関する症状と、生殖器に関する症状を診断することを得意としています。生殖器の診断などは、主に男性器に関しての治療を行っていて、女性器の場合は、産婦人科などの医師が診断しています。内科的な治療以外にも、前立腺がんなどの治療などの外科的な治療を行う人もいて、さまざまな分野で活躍している人がいます。性病の治療を専門的に行ってもらうことが可能になっていて、クラミジアなどのいろいろな症状の治療をすることが可能です。

↑PAGE TOP