小児科の医師の情報

医師の働く場所はどこか

  • トップ /
  • 小児科の医師になるには

小児科の医師の専門医の資格

小児科の医師には、専門医や認定医の資格があります。キャリアを一定以上積むことでとることができる資格になっていて、専門知識をしっかりと得ていることが認められます。小児の神経や、臓器などに特化した専門委の資格もあり、学会などに所属しながら勉強をしていくことが可能になっているため、最新の医療についても得やすくなっています。日本周産期・新生児医学会専門医などの赤ちゃんに対する資格もあり、医師のステップアップをするために資格を取る人が多数います。

小児科の医師について

小児科の医師は、新生児から中学生くらいまでの子供までの治療などを行います。内科的なものから、外科的なものまでの治療をしなければならないため、非常に幅広い医療知識が必要とされています。そのため、激務になることが多く、この診療科目の医師を志す者が減少傾向になっています。そのため、内科医などが代わりに診療をする場合がありますが、川崎病などの専門的に勉強していなければ判断が難しい病気もあるため、問題になることもあります。

↑PAGE TOP