内科の医師について

医師の働く場所はどこか

  • トップ /
  • 最もメジャーな内科医師

内科医師の必要性について

医者には様々な診療科目がありますが、中でも医師数が最も多く医者の顔と言えます。開業医も多く一番メジャーです。必要な資格は内科認定医または専門医です。初期医療のほとんどをこなすので、扱う薬や検査が多く、投薬や生活の指導まで幅広い仕事内容となります。専門医とは今日の国民が最も求める医師であり、患者の立場に立てる豊かな人間性や、世界基準の知識や技術を必要とします。高齢者が増えると慢性疾患も増えるため、今後重要が増大するとみられています。

内科医師のお仕事とは

風邪を引いたり、腹痛や頭痛がひどい時など、どこでみてもらったらいいか分からない、といった時にはまず病院に行って医師に相談してみると良いでしょう。他にも高血圧症、糖尿病、脂質異常症、慢性肝炎などの慢性疾患の治療の相談に乗ってくれます。このようにどこか自分の体の調子が思わしくないときは、まず医師に相談することが大切なのです。その上で、適切な処置や場合によっては別の病院の紹介状をもらう事もあります。このように内科での診療は、全ての病気の入り口と言えます。

↑PAGE TOP