医師が働く病院は

医師の働く場所はどこか

医師が自分で決める病院

医師は国家資格です。6年制の大学を卒業し、実習もこなして必要な単位を取得し、国家試験を合格できたものだけがもらえる資格です。この資格さえあれば、日本中どこでも、どんな病院でも許可が得られれば勤務できます。いわば働く場所を選びません。病院は全国にたくさんあり、それぞれ特徴が違います。大学付属のもの、市のもの、都のもの、様々です。また、外科が強い、内科が強いなど、強みもそれぞれ違います。研修制度も多様にあり、自分がどんな医師になりたいか、何科で活躍したいかを考えて、自分にふさわしい働く場所を決めると良いでしょう。

活躍する場を選ぶことが大事

医師として働きたいと考えたとき、真っ先に思い浮かぶ職場は多くの人にとっては病院やクリニックではないでしょうか。けれども、活躍の場は病院やクリニック以外にもたくさん用意されています。たとえば、産業医として民間企業で従業員の健康管理を行ったり、訪問医として在宅療養支援診療所で寝たきりや認知症の高齢者の訪問診療を行ったり、医系技官として官公庁で政策の立案に関わったりするなど、実に幅広い活躍の場があるのです。また、製薬会社に就職すれば、自分の知識を新薬の開発などに役立てることもできます。医師として自分が本当にやりたいことは何か、自分の知識を一番生かせるのはどこかということを熟慮して、自分にとって最適な職場を選びましょう。

↑PAGE TOP